加齢による勃起不全

  • 皆さん加齢による衰えを感じていませんか?
    体力も若い時に比べ、かなり落ちているのを感じますが最近ではペニスの衰えも感じるようになって来ました。
    加齢で何故EDになってしまうのか、原因を調べてみました。

  • 加齢で何故衰えるのか

    加齢で何故衰えるのか

    性機能のピークは18歳から20歳に訪れ、その後は徐々に減退してゆきます。
    この年齢による性機能の変化というのは、男性ホルモンの減少により引き起こされているようです。
    男性ホルモンの中にテストステロンという愛情ホルモン、性欲ホルモンとも呼ばれる男性ホルモンが存在するのですが、このテストステロンの減少が性機能の衰えに繋がります。
    テストステロンは睾丸と副腎から分泌されるホルモンなんですが、この分泌量が加齢により少しずつ減少し性機能の低下やEDの原因となっています。

  • テストステロンの減少

    テストステロンの減少

    加齢によるテストステロンの減少は個人差があり、20代をピークに
    4~50代の方でも20代の方と変わらない量のテストステロンを分泌している方も居るそうです。
    実はテストステロン減少の原因となる最大の理由がストレスだと考えられています。なので減少を抑えるにはストレスを溜めないように生活する事が必要です。
    この他にも不規則な生活や睡眠不足、過度な飲酒や喫煙がテストステロン減少の主な原因となります。

  • テストステロンの維持

    テストステロンの維持

    ストレスを溜めないようにする事が一番の対策です。バランスの良い食事を心掛け、趣味や適度な運動の時間を持ち、上手にストレスを発散させてあげるようにしてください。生活習慣病や動脈硬化等の予防にも繋がり、お金も掛からずED予防には一番良い方法です。他にも睡眠時間や睡眠の質も影響があるようで、しっかりとした睡眠を取るようにしてください。他にも過度な飲酒を避けて適度な飲酒を心掛けたり、タバコの本数を減らす等がテストステロン減少の予防方法となります。
    一度に全部というのは難しいかも知れませんが、出来る範囲から取り組んでみてください。